MOCHIYA BLOG

WordPressから移行中

餅屋年報2020

新型コロナ禍と仕事 ●年度末あわせの仕事がいくつかあり、その打ち合わせを1、2月にしていたんだけれど、まだその頃はマスクもつけず、距離も取らず。時には喫茶店の個室を使ったりもしていた。3月後半に新型コロナの感染が増え、外出自粛要請が出ても、もとから外出していないので生活はあまり変わることはないしなあ、とのんきに構えていた。仕事もあったし、このまま平常運転になるかと高をくくっていたけれど、4月の緊急事態宣言以降は仕事も少なくなり、レギュラーを除くとほぼゼロに。そんな状態が結局8月まで続く。 ●それから後半はなんとか持ち直したけれど、初めて廃業を考え、そして、リタイアしたらこんな日々が続くんだろうなという疑似体験をしてしまったことで意識がずいぶん変わり、老後を考え具体的なライフプランを計算したりした。

餅屋デザイン25周年 ●そんな隠居気分のさなか、フリーランス25周年を迎える。10年前、このままじゃまずいと意識して書籍デザインの方に進んだように、これからの10年は動画制作の方に軸足を移していきたいと思っていて、そのための計画を立てはじめる。突然屋号やアカウントを変えるかもしれない。

ラジオ英会話をはじめる ●理由はコロナ禍でヒマになったから、ではなくコロナ禍の政府対応や日本人的なメンタリティに嫌気がさして海外に行きたいという気持ちがはじめて芽生えたから。さすがに移住はムリとしても、生活するところの選択肢を増やしたいというのと、あとはYouTubeの英語字幕を理解したいというのが主な理由。中・高と真面目に勉強してこなかったので、まだ基本的なところをおさらいしている感じだけど、英語特有の語順はなんとなくつかめてきた。

Netflixに課金する ●理由はコロナ禍でヒマになったから、ではなく「呪怨」のドラマシリーズが見たかったから。元々マンション契約でJ-COMが見られるので、わざわざ有料チャンネルに入らなくてもと思ってきたけれど、いつでも興味のおもむくまま見られるのは思ったより快適。そしてNetflixオリジナルの映画やドラマが見られるのも大きくて、結局現在まで契約更新中。 ●こういったサブスクで、さまざまなコンテンツを視聴出来るようになったせいかわからないけれど、欲望というか自分の気持ちを自制しないようになった。それが良いことなのか悪いことなのか、精神的にはふっきれてずいぶん健康になった。

他者の存在 ●コロナ禍初期では情報を知るためにどうしてもSNSに振り回されがちだったし、自分にも向き合いがちだったけれど、あるときからその辺りもどうでも良くなり、他人の思考に興味が無くなってしまった。おそらく今までが気にしすぎだったんだと思う。

というわけで、2020年もどうぞよろしくお願いします。

餅屋年報2019

引き続き動画制作 ●今年も合間を見ては動画制作の勉強&習作にはげみ、8月には初のクライアントワークスとして「岩田さん」の紹介動画を作りました。 ●そして、動画制作環境を整えるべく、10月の消費税増税を機に、Mac mini 2018を導入。そこそこハイスペックのCTOで20万円オーバーだったので、果たして元が取れるのか不安。

五十肩になる ●文字通り50歳に五十肩になる。最初は寝違えかと思っていたけれど数日たっても治らず、寝返りを打ったときに痛みで起きることもしばしば。痛散湯のCMにバッチリ当てはまる症状。4ヶ月たった今でも右肩の可動域は狭いままだけれど、痛みは若干弱くなってきた気がする。

K-POPにはまる ●日記にもたびたび書いてきたとおり、8月にK-POPにはまり、いまだに就寝前にはYouTubeやCSで映像を見る習慣が続いている。 ●最近の洋楽に興味はあるけれど、いまいち乗り切れない部分をK-POPでは補ってくれる感じで、トラックはかっこよく、メロディはなじみやすいところがはまった理由かなと自己分析。80年代〜90年代R&Bテイストの曲やサビが多いところも好み。 ●あと、グループの数やリリースが多く、常に何かしら話題があって盛り上がっているところも、SNS時代にぴったりで、YouTubeで大体網羅できてしまう。 ●しかし、この歳になってガールグループの動向を日々チェックするようになるとは思わなかった。アイドルにはまるときは心が弱っているときだというけれど、どうなんだろう。

買って良かったもの K-POPにも関連するけれど、今年買って良かったのは「Fire TV Stick」。リビングのテレビでYouTube、Abema、TVerGYAOが観られることで視聴の幅がかなり広がった。

というわけで、2020年もどうぞよろしくお願いします。

リング/フジテレビ版(1995)

映画版公開の3年前に小説『リング』をはじめて映像化した2時間ドラマ。DVD化されなかったため、ながらく鑑賞困難だったけれど、フジテレビFODでの配信がはじまり、CSでの放送もあったので24年ぶりに観ることができた。放送時の副題は〈事故か!変死か!4つの命を奪う少女の怨念〉。

お盆時期の2時間サスペンスといった趣で、原作の、フィクションだけれどもしかしたら本当にあり得るのかも? と思わせるようなリアリティには欠けていて、特に心霊現象の演出は今観るとかなり古風。映画版では省略、改変していた原作の設定をそのまま生かしてあるけれど、正味90分程度の尺だとかえって複雑になりすぎてわかりにくいように感じた。

翌1996年には『亡霊学級』『女優霊』など初期Jホラーの長編が公開されるし、時期的にもこの頃を境にリアルな実話系にホラーのトレンドが変わっていったのかもしれない。

今回見返してみて意外だったのは、映画版と同じようなシーンがいくつかあったこと(まあ原作が同じだから当然だけど)。下敷きとまでは言わないけれど、演出の参考になっていたんじゃないかな。劇中の「呪いのビデオ」も低予算ながらもけっこう雰囲気があって見応えがあった。  

新聞社に勤める浅川和行(高橋克典)は、若者4人が同日同時刻に急死したことに疑問を抱き、なおかつそのうちの1人が自分の姪であったこともあって調査をはじめる。その結果4人が、死の一週間前に箱根に同泊し、そこで1本のビデオをみていたことを知る。おそるおそるみたそのビデオには不気味な映像のあとに「この映像を見た者は、一週間後のこの時間に死ぬ運命にある。死にたくなければ今からいうことを実行せよ。すなわち・・・・・・」という白い文字が浮かび、なんとそこでプッツリとぎれていた。
そのテープを、超能力による恨みの念写であると確信した大学教授の高山竜司(原田芳雄)と共に「死のタイムリミット」におびえながらも、このビデオの真意に迫ってゆく。そこには三十余年以前にさかのぼる、ある母親の残酷かつ奇妙な物語がかくされていた。そのおぞましい怨念はリングのようにつながり、意外な形でくり返されてゆく・・・・・・。

フジテレビ公式<FOD>より

監督:瀧川治水

脚本:飯田譲治/祖師谷大蔵

原作:鈴木光司『リング』(角川ホラー文庫刊)

出演:高橋克典原田芳雄三浦綺音立原麻衣/濱田万葉/田口トモロヲ/清水こう治/五代高之中村繁之/越村公一/坂本あきら雛形あきこ

放送日:1995年8月11日(『リング完全版』としてVHS化)

リング 完全版