幽霊ノート

Jホラー(映画・ドラマ)の作品レビューなど

夏の体育館(1991)

  • 監督:鶴田法男
  • 脚本:小中千昭
  • 「ほんとにあった怖い話 第二夜」収録



オリジナルビデオ(俗に言うVシネマ)として作られた、霊体験再現ドラマシリーズの最初期作品。その後のジャパニーズホラーのお手本になったと思しき演出方法が散見できる。特にこの「第二夜」は音楽の使い方が前作「ほんとにあった怖い話」(1991)にくらべてモダンで、子役の演技力に目をつぶれば、今でも十分に怖い。
体育館にある小部屋(放送室?)に現れる女幽霊は、顔を半分長い髪で隠し、赤いボディコン姿でかくかくと迫ってくる。ここではまだ足下を半分透けさせて幽霊であることをわかりやすくしているものの、その後のジャパニーズホラーの幽霊の基本になった造形。しかし、どうやら鶴田監督自身は自分が発見、発明した演出スタイルを突き詰めることより、センチメンタルなドラマのほうに興味があるようで、続編『新・ほんとにあった怖い話 幽幻界』(1992)ではこのタイプの幽霊を使っていない。

Scary True Stories: Ten Haunting Tales From Japan [DVD] [Import]

Scary True Stories: Ten Haunting Tales From Japan [DVD] [Import]

ほんとにあった怖い話「第二夜」 [VHS]

ほんとにあった怖い話「第二夜」 [VHS]