読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幽霊ノート

Jホラー(映画・ドラマ)の作品レビューなど

呪怨/呪怨2:OV版(2000)

清水崇





ご存じ『呪怨』の一作目、Vシネマ・オリジナル版。『リング』で確立されたジャパニーズホラーにカウンターとして登場した新世代ホラー。いま改めて見返してみると、ビデオ撮影特有の暗さと、役者のマイナーさ加減が不穏なムードを醸し出しているのがわかる。このブログで紹介しているような作品群に影響を受けたと思われる心霊演出はもちろん、インモラルなゴアシーン、スプラッタ、サイコスリラーなど、これでもかというくらいにアイデアが詰め込まれていながら、引用にとどまらずそのどれもがちゃんと怖くなっている。まるで曲をノンストップでつないでいくDJミックスのよう。ただ全体を通したストーリーは劇場版に比べると場当たり的で、段階を踏んだ怖さはない。
メインの伽椰子は幽霊というよりモンスターに近く、別の種類の怖さになっているけれど、伽椰子登場にいたるまでの段取りや取り憑かれた人間の描写は「小中理論」に基づいたオールドスクールの心霊演出がなされている。特に北田良美(藤井かほり)が伽椰子に取り憑かれていくシーンはおそろしい。

呪怨 [DVD]

呪怨 [DVD]

呪怨2 [DVD]

呪怨2 [DVD]