読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幽霊ノート

Jホラー(映画・ドラマ)の作品レビューなど

木霊(1998)

黒沢清 高橋洋



超能力があるという女生徒をテストするために、校内に隠れた生徒がつぎつぎと“木霊”に取り殺されていくファンタジックなホラー。関西テレビ版『学校の怪談』の1編。なぜ“木霊”が襲ってくるのかの説明は無いので難解ではあるけれど、カーテンを使った、日常が歪んでいく演出がすばらしい。
取り殺された人間は水になり、その後幽霊となってあらわれる。幽霊は生きていたときの行動を繰り返し、ゾンビを思わせる。

学校の怪談G [VHS]

学校の怪談G [VHS]